そよ風鉄道と社長sのブログ

鉄道模型と時々猫と趣味のブログ

本日より運行開始

そよ鉄、夏の風物詩である一つが帰省に伴うカートレイン運行です。このカートレイン一日一往復で北方面行きと南方面行きが運行します。車輛は14系座席ユーロカラー客車、EF64又はEF65ユーロ専用機コンビの昼間便と20系寝台客車、EF60又はEF58コンビの夜間便が交互に北と南へと車と一緒にお客様を目的地まで毎日8月末日まで運行されます。

車の積み込みや乗客の乗車は貨物専用ホームから


非電化区間


皆様こんばんは。微風鉄子(ソヨテツコ)です。
本日は、そよ鉄の非電化区間や電化区間でも一部走行しているDC(ディーゼルカー)にスポットを当ててみましょう。非電化区間ではDCの他機関車が牽引する区間もありますがそれはまた今度。


キハ20
短距離型ディーゼルカー


キハ56
短中距離型ディーゼル列車


キハ183      
中長距離型ディーゼル列車

キハ183 100番台    
中長距離型ディーゼル列車


キハ91
中長距離型ディーゼル列車


キハ181
長距離型ディーゼル特急列車


キハ80(通称ブルドック)
長距離型ディーゼル特急


では、また・・・・。

まだまだ主力

今は無い国鉄時代、とても人気の機関車がありました。やや流線型の近未来的なそのボディー。貨物や寝台特急を牽くその力強さに列車好きな大人や子どもたちは魅了されました。今、現存する車輛は博物館などでしか見れませんが、そよ鉄では今尚現役で力強く活躍しています。

今日の機関車はEF58
正確には二次代の形。一次車は特別機関区にいる為
また今度。


特急色
主に走るホテル。ブルートレインを牽いています。



一般色



横窓の数が違うバージョン


シックな茶色


花形特急を牽く 通称青大将


ロイヤルエンジン61号機
お召列車専用機